トップページ > 福祉現場の人に国が直接補助する制度
福祉現場の人に国が直接補助する制度

福祉の現場で働く人の給与などの待遇のために補助金などはある程度、政府や行政の政策ででているようです。しかし実際はその補助金などは現場で働く人の給与には反映されずに福祉施設の経営者の懐にはいっているのではないかと思います。実際に介護施設で働く人に聞いたこともありますが、国から補助金が出たことを報告されていましたが、経営者から、施設の改善に使いましたとの報告でした。全額が施設の改善かも疑わしいですし、私は確か、福祉で働く人の待遇改善が問題になってその理由から補助金が出るようなことだったのではないかと思っていたのですが、現実はそういうことが多いようです。そういうことから政策でせっかく現場の人の給与が上がるようにしているものも効果がなく未だに給与が低くただのきつい仕事ということになっているのだと思います。そういうことから経営者を通すのではなく行政から直接、現場で働く人に補助する制度をつくればいわゆる搾取される心配もなく、それなりの賃金アップになり介護職など福祉現場で働こうとする人も増えるのではないかと思います。

Copyright ©  看護師・准看護師の転職・人材派遣会社ランキング All Rights Reserved.