トップページ > 医療・福祉の現場に人材を増やすために
医療・福祉の現場に人材を増やすために

医療・福祉の人材不足を解消するために外国人スタッフと学生インターンの活用をしたらよいと思います。すでにフィリピンから看護師を誘致する動きはありますが、日本語での看護師の試験をもうけるなどのハードルが高いのが現状です。外国籍の人々でも自国で看護師資格と英語でのコミュニケーションの能力があれば日本で働けるよう規制を緩和することで、より多くの外国籍の看護師を日本に誘致できます。実際の医療現場での患者とのコミュニケーションや医者・看護師との交流の問題も出てくるとは思われますが、英語でのコミュニケーション能力を備えた医師・看護師にプラス評価されるようにすることで、受け入れる日本側の医療現場の英語の能力を向上できるのではないでしょうか。また患者側も英語圏の医療スタッフが在籍している医療設備を選択することで、医療費を安く押さえることができ、異なる文化で癒されることもでき、従来の病院とは一歩ちがったサービスが受けられるものとなります。介護・福祉の現場については、学生インターン制度を確立し4年生大学の学生は4年間の中で3か月~半年の期間、インターンとして介護・福祉の現場で働くことを義務づける形にすればこの業界の認知度も高まり将来的に働く人材を増やすことができます。学生側にはどれくらいの期間、どのような施設で働いたかによって、就職活動で認められるような位置づけとなれば、有益な活動とすることができるでしょう。

医療事務をやってみたい!未経験者OKの人材派遣会社に登録してきました
Copyright ©  看護師・准看護師の転職・人材派遣会社ランキング All Rights Reserved.